もうthe大学生

現役大学生、映画、音楽、ラジオなどが趣味。TOEIC830点取得、現在も継続して勉強中。

登場人物みんな変態!? 映画アメリカンビューティー

映画レビュー#6 アメリカン・ビューティー

 

f:id:takizawamovie:20210221185238j:plain

 

 皆さんこんにちは。今回は監督、サム・メンデス、主演ケヴィン・スペイシーの映画アメリカン・ビューティーについてレビューしていきたいと思います!!

正直な感想を言いますと、こんな映画初めてですごくおもしろかったです。あらすじからしてヤバい匂いがするのですがその通りで、、、

 

あらすじ

家族と平凡な暮らしを送る主人公レスター(ケヴィン・スペイシー)だったが、働いている会社からリストラを宣告されてしまう。そんなとき娘ジェーンのダンスを見いに行った先で出会ったジェーンの友達アンジェラに一目ぼれしてしまうのですが、、、

 

というところから始まります。ね?気持ち悪いでしょ?またケヴィン・スペイシーの演技がうまくて思わず気持ちわるって声に出して笑いました。朝起きてシャワー浴びながらマスかくし。。。(笑)最初はそんな感じだったのですがそれとは裏腹にメッセージ性のある部分も多くてすごく映画としてよかったです。なのでこれから個人的見どころポイントをお教えしたいと思います。

 

見どころポイント!!

①個性の強すぎるキャラクター達

先ほど述べたようなに妹の友達に恋する主人公レスター、浮気をする妻、思春期真っただ中の娘ジェシーと友達のアンジェラ、盗撮したり、死んだ鳥を撮影したり、さらにはドラッグも売りさばく最近隣に越してきた家族の息子リッキーと、ゲイを差別するその父で元軍人のフィッツ大佐。こんなにも個性だらけの彼らが巻き起こす物語は今まで経験したことのないようなジャンルで分類できないような映画でした。そんな彼らが巻き起こす思いもよらない展開の連続には驚きを隠せませんでした。

②本当に伝えたいことは??

人は自分とは違うものや人を排除しようとしてしまう傾向があります。しか、程度の差があるにしても誰しも言えない悩みや葛藤があります。でもそれは間違ったことではない、そんな風にこの映画は言ってくれているような気がしました。”普通”なことも悪くないし、”普通じゃない”ことも悪くない。映画内では一見悩みもなく完璧と思われるようなアンジェラにも悩みがあるように。

 

総評としましては、とても面白かったです。音楽もまたいいんですよね。抱えている悩みとは裏腹にポップで陽気な音楽が流れます。いい映画にいい音楽ありとはよく言いますよね。いい映画を見たあと監督を調べてほかにどんな作品があるのがあるのか調べるのが好きなのですが、そういえばサム・メンデス監督は007シリーズの監督も務めたいましたよね。それを思い出して音楽のセンスにも納得でした。ダニエル・クレイグ、、かっこいいですよね延期が決まってしまったノータイム・トゥー・ダイも待ちきれません!!

 

ちょっと話はそれましたが今回はこんな感じでしょうか。ぜひよければ皆さんも見てみてください。それではまた次の映画でお会いしましょう!!