もうthe大学生

現役大学生が、映画を中心に好きなものを発信

ダンケルク  あらすじ&レビュー

皆さんこんにちは!!

今回は、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」についてレビューしていきたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210407202918j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/103160647697738620/

 

 

 

どんな映画??

1940年、第二次世界大戦初期。フランス最北端部ダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され逃げ場を失った英仏連合軍。チャーチルダンケルクから30万人もの兵士を撤退するように命令を下す。果たして無事にダンケルクの兵士たちを救出することはできるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで戦地にいるかのような臨場感

臨場感がすごく本当に自分がその時代に戻っているかのような気分になりました。戦地でのつらさや、緊迫感が伝わってきました。とはいえあまりプライベート・ライアンのようなリアルな血や死体のシーンは少ないのでグロ耐性がない人でも見られる作品になっていると思います。

 

その中でも私が一番印象に残っているのは水中でのシーンです。本当に見ていて苦しくなりました。水の中だと音が聞こえづらく感じとか、息継ぎの感じが本当にリアルでした。これは本当に映画館で見るべき作品だと改めて思いました。IMAXで見たらなおさらヤバいだろうなぁと今になってあの時見なかったことを公開しています。

 

キャストも豪華でした。キリアンマーフィーにトム・ハーディ。私の大好きなピーキーブラインダーズ陣が出ていたのは実はうれしかったです。   

 

 

でも正直ほかのノーラン監督の作品と比べるとインパクトに欠けるかなぁ?という感じは否めませんでした。映画館で見たらまた変わるとは思いますが、、、。

逆にほかのノーラン監督の作品のような難解さはないので初めてノーラン監督見る人とかにはいいかもしれないですね。私的にはそこが物足りなさを感じた要因かな?と思いました。

 

(追記)

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男と内容がかぶるというか、こちらはチャーチルがこのダンケルクに救助を向かわせるまでの葛藤をダンケルクとは違った視点から描いているのでこちらを見てから見るともっっと楽しめるかも??(順番的にはダンケルクの方が後だがどちらが最初でも、。両方楽しめる)

 

 

こうやって歴史系の映画は同じ出来事であっても、制作国や視点が変わるだけで全く別物の映画になるのでそこが勉強にもなるし面白いですよね。

 

もし、第二次世界大戦に関するほかの映画でおすすめのものがありましたら教えていただけると嬉しいです!!

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの辺で。

また、次の映画でお会いしましょう!!!