もうthe大学生

現役大学生が、映画を中心に好きなものを発信

セント・オブ・ウーマン 夢の香り  あらすじ&レビュー

皆さんこんばんは、そしてお久しぶりです。

最近はAPEXにはまってしまい、そればっかりやっていたので全然レビューができていませんでした(笑)

 

また、これから少しづレビューしていきたいと思います。

 

今回は、アルパチーノがアカデミー賞を受賞した作品、「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」についてレビューしていきたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210515203927j:plain

 

 

どんな話!?

名門高校に奨学金で通うチャーリーは、たまたま目にしたアルバイトで盲目の退役軍人であるフランクの世話をすることになる。頑固で癖のあるフランクに最初は翻弄されていくが、次第に彼を知るに友情が芽生えていくが、、、

 

 

 

 

 

 

 

最高の一作

 

いや~久しぶりに映画見たんですけど、やっぱり映画はいいですね(笑)心温まる作品でした。

 

まず、アルパチーノの演技がよすぎる。退役軍人で盲目なのですがすごく頑固で、キレやすくて、女性の香水を一瞬で当てれるくらいの女好き変態おじさんで。キャラがよすぎました。そして盲目の演技がうますぎて、本当に騙されるというか信じちゃうくらいい、視点があっていないところとか本当に盲目なのかと思わせる演技でした。アカデミー賞受賞も納得でした。

 

そして、魅力的なシーンが多すぎる!ホテルで出会って女性と盲目ながら完璧なタンゴを踊るシーンはとても温かかったし(チャーリーに紹介してあげるのかと思ったけど(笑))、フェラーリをぶっ飛ばすシーンも爽快で。フランクが自殺しかけた時に、チャーリーがフェラーリの運転とタンゴは誇れるじゃない、って言ったシーンはうるっときました、、。

 

 

最初はヤバいおじさん感たっぷりだったフランクに翻弄されるチャーリーでしたがだんだんと彼の良さに気づいていくのがたまらなく良かったです。

 

でも何といっても最後のシーンですよね。友達を売るか、売らないか迷ってたチャーリーでしたが最後には自分の道を信じて友達の悪事を黙認します。そのことで退学が決まってしまいますが、フランクがそれはおかしいとスピーチをしてくれます。そのおかげで悪事をしたやつらは罰を受け、チャーリーは退学を逃れます。

結局はフランクはひと思いのいい人なんです、戦争は人を変えるというけど心優しく正しいことは正しいと突き通すフランクは変わってませんでした。その心をチャーリーが思い出させてくれたのでしょう。最後フランクが家に帰るころにはもう心優しいおじさんになっていて、ハッピーエンドでした。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。やっぱり 人 っていいなぁと思える作品でした。もしよかったら皆さんも見てみてください。

 

 

それではまた次の映画でお会いしましょう!!

 

ジェントルメン レビュー!!

皆さんおはようございます!

今日は久しぶりに映画館で映画を見てきてのでレビューしていきたいと思います。

 

見た作品は結構楽しみにしてたガイ・リッチー監督の最新作「ジェントルメン」です。中学生くらいの時に見たロックストックがとても印象に残っている監督です。

 

ガイリッチー監督は、久しぶりにジェイソンステイサムとタッグを組んだwrath of manも控えているのでそちらも要チェックですね。

 

正直、予想ではありますがコリン・ファレルがいい感じの役な感じがします(笑)

 

f:id:takizawamovie:20210507080302j:plain

 

 

 

 

 

あらすじ

長年大麻の大量栽培・販売で巨大な富をなしたアメリカ人ミッキーが、そのビジネスを売却し引退するという噂が流れる。その資産およそ約500億円。様々人々が後を継ぐために争いを始めるが、、

 

という話です。ガイ・リッチーお得意のいろいろな人が混ざり合うドタバタ劇系ですよね。

 

 

 

以下、少々ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、、、

正直な感想を申し上げますと、想像よりは面白くなかったです。ガイリッチー監督のことだから、もっと話が入り組んでいてどんでん返しがあるかなぁと思ってみていたのですが、、、という感じです。

 

あーやっぱりそことそこが繋がってたのね?という感じであまり驚きがなかったです。

中身も、個人的にはコリンファレル演じるコーチの役がかっこよくて好きだったのですが、内容的にはあんまり意味がないようにも思えてしまったし(コーチの役が)、なぜ大麻の製造場所がばれたのとかも腑に落ちない感じでした。あと、gentlemenていう題名だけど、そんなか?と思っちゃいました。紳士なのミッキーくらいだし、キングスマンとかの方が紳士感あるなぁと。

 

結果的に内容的には腑に落ちないところが多かったかな?

 

 

しかし、やっぱりガイリッチー監督。映像のおしゃれさや劇中のジョークなどはやっぱり好みでした!人をあおったりバカにしたりするときのセンスが僕は大好きでした。ファ・ックのくだりとかドライ・アイのくだりは超面白かったですし、中国版ジェームズボンドとか、盗聴カンバセーション(映画の名前)の下りとか映画好きにはたまらない演出でしたね。

 

 

そして、なんといってもオープニングのカッコよさが半端なかったです!あれだけでも見に行く価値ありだと思います。映像と音楽とセンスはやはり一級品でした。

 

でも、内容はそこまで私にはヒットしなかったかなぁという感じです。私的にはロックストックとかの方が断然好みでした。なので、ガイリッチー監督にはステイサムと組んだ次の映画に期待して待ちたいと思います。

 

 

もし、見た方がいれば感想ください!語りましょう(笑)

 

 

では、また次の映画でお会いしましょう!!!

一日一時間。楽しみながらTOEIC800点を三か月でとる方法!!  590→830

皆さんこんにちは!

いつも見ていただいている方、驚かせしまい、申し訳ありません。映画ではなくTOEICの話です(笑)でも映画ともすごく関係してくるのでもしよかったら見てみてください。

 

 

細かい話はあとにして結果からお見せしたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210505153847j:plain

 

 

一回目受けたのが12月で、次に受けたのが3月なのでタイトルのように約三か月で800点を取得したことになります。800点越えがそこまですごい点数ではないと思いますが、目標にしている方も多い点数だと思いますので何かの役に立てればと思い記事にしてみました。

 

 

 

 

 

 

前提としての英語力

 

まずは私自身はまぁいわゆるEランクくらいの大学に通っています(ギリ、Fではないと信じたい(笑))。なので人より英語力が優れているわけでもなく、もちろん留学経験もありません。

12月に取得した590点ですが、この時していた対策は単語帳と文法の本を少し読んだくらいでこれといった対策はしていませんでした。ネットで590点、まぁ600点以下がどのくらいのレベルが調べてみたところ、英語の基礎はできているが履歴書に書いてプラスになるまではいかない、と書いてありました。なので中学、高校の基本的なことはわかるという程度でしょうか。

 

もし、まだ500点以下であるとか、そこまでのレベルでないよという方はぜひそのくらいの点数になったらもう一度この記事に戻ってきてください(笑)三か月で800点越え余裕です。

 

 

あ、それとなんでTOEICを勉強しようと思ったかというと、私自身映画が好きでこのブログを書いているのですが、字幕なしで映画見れたらかっこよくね??という何とも不純な動機でございやす。(笑)皆様のようなしっかりとした理由はありませんが人それぞれということで。

 

 

 

使った教材と勉強時間

使った教材はこの三つと、一つのサービスになります。サービス?ん?となった方はもう少しお待ちください。あと少しで出てきますから!

 

 

f:id:takizawamovie:20210505153842j:plain

 

 

これと、

 

f:id:takizawamovie:20210505155535j:plain

だけです。気になる動画配信サービスは置いていて、

 

 

 

まずは教材類から、この3つを買えば大丈夫!!

 

 

 

 

①公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6

 

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6

 

 

 

こちらは、言わずもがなですよね。TOEICの公式が出している公式の本なので買わないわけにはいきません。本番形式の問題が二回分入っています。デメリットといえば、値段が高いことくらいです、二回分で3000円くらいするのでコスパが悪い、、。でも自己投資だと思って妥協せずに買いましょいう!!

 

 

 

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

 

 

こちらは、先ほどの公式問題集とは違ってリーディングに特化した問題集です。表紙にもあるように五回分のリーディングの問題が入っているので、公式問題集よりはるかにコスパがいいです。公式問題集の二回分だけでは物足りなかったので購入しました。難易度としては公式問題集よりも難しいので、まずは公式問題集を完璧にしてからこちらを購入することをお勧めします。でもまぁ金銭面に余裕がない人は、これと後に紹介する金フレの二つだけでもいいかなぁとは思います。オススメは三冊ですけど、私自身も大学生で金銭面に余裕があるわけではないので、、、(笑)

 

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

  こちらは本当に外せません。ほんとにここから多くの単語が出るのでお勧めです。正直他のTOEICの単語帳を使ったことがないので比較することができなくて申し訳ないのですが、他のいろいろな人も紹介してるので間違いないっしょ!てな感じです。

 

 

NETFLIX

こちらは、後々リスニングの勉強の仕方で紹介しますが、月額880円(一番安いやつ、これで十分)で楽しめるし、学べる。これは入らない選択肢が見つかりません。

 

 

 

 

 

勉強時間

 

期間は3か月と書きましたが、一日の勉強量が気になりますよね。毎日5~6時間ゴリゴリの三か月と毎日コツコツでは話が変わってきますもんね。

 

安心して下さい、私の勉強時間毎日1~3時間です。本当に怠惰な性格で毎日とは書いてありますが、実際は週3~4回くらいなので平均したら毎日1時間以下だと思います(笑)でも重要なのは少しでもいいからやることです。単語だけは毎日(週6、)やっていたと思います。意識高い系大学生みたいにはできないので、毎日何か英語に触れることは意識していました。一日2時間とか設定しちゃうと結局いやになって続きません。それでは本末転倒です。

 

まとめると、毎日1~2時間勉強、できない日でも単語だけやる。ね?できそうでしょ?怠惰なそこのあなたもこの方法なら大丈夫。

 

 

いい変えれば、もっとやる気のある人とか、時間の取れる人は1~2か月で800点越せると思います。

 

 

勉強方法

 

リーディング編

キーワードは、反復です。何度もおんなじ参考書を繰り返してください。理想は時間を計りながらやることです。だらけないでできるし、本番さながらにできるのでお勧めです。ですが、私は時間を計りながらやると焦っちゃってイライラしてきちゃう(笑)ので、気が向いたときとか、一区切り参考書が終わったときとか、本番前だけとかそんな感じで毎回はやってませんでした。

 

具体的にいうと、私は公式問題集は5周、新形式の方は4周くらいしました。まぁある程度時間はかかるということです泣 何周もしていると答えとか覚えちゃって来るんですけど、それで大丈夫です。答えの根拠もいっしょに覚えるのがコツです。私は、間違えた問題に印をつけながらやっていたのですが、4周目とかになると、間違えるところがおんなじになってきます。そこを重点的に復習してください。

 

実際に問題を解く際のコツとかは、またもし、少しでも要望があれば他の記事で出したいと思います。

 

あ、単語は毎日やってください。オススメは被せてやることです。例えば今日1~100までやったら、次の日は1~200 をやるといったような感じです。でもそうやっていくと単語が増えていったときに地獄になるので、金フレは単元みたいな感じで分かれてるので切りのいいとこで区切ってやってみてください。読み方が分からないときは、ネットとかまたは金フレの音声もダウンロードできるのでその都度調べてみてください。リスニングの対策にもなるので!!単語帳はこれ一冊だけで十分です。

 

一日の単語数は自分が続けられる個数で大丈夫です。でも一日に触れる単語が多いほど記憶に残りやすいのでなるべくいっきいやってしまったほうが効率はいいですね。

 

 

 

リスニング編

リスニングはまず英語に慣れることが大切だと思います。とはいえTOEIC特有のリスニングに慣れるためにも2周くらいは公式問題集のリスニングの問題を解いてください。

あれ、紹介していた教材はもうないし、公式問題集は2周でいいっていうし他は何すんの?ってなりますよね。

 

お待たせしました、そう使うのはネットフリックスです。正直、リスニングの点数が400点超えたのは九割このネットフリックスのおかげです。それでは気になる勉強の仕方について紹介したいと思います。

 

 

それがは、毎日海外ドラマを1話、もしくは映画を一本見るです。

 

詳しく説明すると、先ほども紹介したようにリスニング上達のコツは毎日英語に触れることです。それを楽しみながらやっちゃいましょうや!!ということです。

 

 

具体的に使うのは、ネットフリックスとグーグル拡張機能です。グーグル拡張機能は、こちらです。

chrome.google.com

 

 

こちらの拡張機能を使うとドラマや映画を見ているだけで英語のリスニング能力が上がります。こちらの拡張機能の一番の特徴は、日本語字幕と、英語字幕が同時に見ることができます!これが普通は、音声+日本語字幕or英語字幕しかできません。どのようになるのかというと

f:id:takizawamovie:20210505171630j:plain

 

 

というようになります。このように流れてくる英語の音声と、文章、そして、その日本語の意味が流れてくるので一目で英語と内容が理解できるようになっています。また、わからない単語にはカーソルを載せると簡易的な意味が上の画像のように出てきてまた更にクリックするとしっかりとした辞書機能が出てきて意味や発音、使用例などを見ることができます。

 

英語を勉強するのにこれを使わない手がありますか?

 

私は、毎日最低1話ずつくらいこれを使ってドラマを見ていました。普通にドラマが面白すぎてずっと見ちゃうこともありました。それで英語が上達したんですからこんないい話はない。

 

 

注意点

このクローム拡張機能はパソコンでしか使えません。ここがちょっと残念なポイントです。つまり携帯とかiPadとかではこの機能が使えないということです。ですが、私自身もパソコンで見るのが面倒な時は普通にネットフリックスのアプリとかで海外ドラマや映画を見ていたのでパソコンがない方やめんどくさい方は全然普通に海外ドラマを毎日見るだけで大丈夫です!重要なのはただ流し見するだけではなく知っている単語だけでもいいので聞き取れるかやってみることです。あ、今の単語聞き取れた!とかいまのフレーズ勉強したやつだ!とかゲーム感覚でやっていくのがオススメです。

 

まぁつまりは、まずは楽しむことが大切。次に勉強ということです。

 

 

私自身リスニングの対策は、ほとんどこれしかやってないので自信をもってオススメできます。皆さんも海外ドラマや映画を楽しみながら英語の能力を一緒に向上させていきましょう!!

 

ちなみに、私が勉強中に見ていた超絶面白いオススメドラマは過去の記事で書いているのでよかったら見てみてください。↷↷↷

 

三つ目の、ピーキー・ブラインダーズというドラマです。超絶かっこよくて、しびれる英国ギャングの話です。

 

takizawamovie.hatenablog.com

 

 

とオススメはしたもののドラマは何でもいいです。自分が気になった面白そうなドラマで勉強してみてください。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。普段は映画のレビューをおもにしていますが、今回は勉強の話をしてみました。興味ねぇよ!という方は飛ばしてください(笑)というようにごくまれに映画以外にも記事にしてみたいと思います。

 

質問などありましたらできる限り全力でお答えしますのでお待ちしております!

 

最後まで見ていただいたかた、本当にありがとうございました。

また次の映画でお会いしましょう!!

現金に体を張れ (the killing )  あらすじ&レビュー

皆さんこんばんは。いつもスターをありがとうございます!とっても嬉しいです。コメントもいただければもっと嬉しいのでお待ちしております!

 

というわけで今夜はスタンリー・キューブリック監督の初期のころ?の作品「現金に体を張れ」を鑑賞しましたのでレビューしていきたいと思います。

 

その前に一つ思ったのは、邦題が意訳すぎはせんか?ということです(笑)

 

f:id:takizawamovie:20210504214437j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな話?

刑務所から出てきたばかりのジョニー・グレイは、競馬場の金庫から200万ドルの現金を強奪する計画を練っていた。五人の仲間とともに入念に練られて計画だったが、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューブリック感はそんなに感じられないけど、、

 

見る人に様々な解釈をさせるような変態監督ことキューブリック監督ですが、初期のころなのもあるのかその変態さはそんなに感じられませんでした。ですが、さすが名監督と呼ばれるだけあって映像は白黒なのにも関わらず、映像には古さは全く感じられずとても面白かったです。

 

この監督のすごさとかが分かりやすい映画だったと思います、というか初めてしっかりと納得できた映画でした。

 

 

話自体はよくあるというか、むしろこれがネタになっているのが多いのかはわかりませんがよくある感じのやつです。メンバーの一人のその妻がこの強盗作戦をすることを浮気相手にしゃべってしまうことで計画が狂ってしまいます。

 

でも終盤にかけてはすっきりしましたね。浮気されたメンバーの一人が、手柄を横取りしようとしていた妻の浮気相手を返り討ちにして、さらには妻までもを射殺してしまいます。この人が普段は温厚なのがまたギャップですよね。この人は本当に妻のことを愛していたのに、妻は金目当て。こういう人が幸せになれないっていうのがまた世の中のつらさというか。それでもうぶっ壊れてやけくそになってみんな殺してしまうと。優しい人ほど起こると怖いって言いますもんね。まぁ、妻はざまぁ見ろと思いましたけど(笑)

 

 

そしてもう何といってもラストですよね。他のメンバーが全員死んでしまい女とともに金をもって飛行機に乗ろうとするジョニーでしたが荷物が多すぎて手荷物(200万ドルが入った)では持ち込めないといわれしぶしぶ荷物を預けます。ここなんですけど係員の人にも言われたようにトイレとかでちっちゃいバックに分ければいいのにと思いました。まぁタラレバですけど。

 

そしてその荷物が荷物を運ぶカートに乗せられているのを見ていると、太ったおばさんの買っている犬が急に飛び出してきてそれにびっくりしたカート運転手がハンドル操作を誤り、札束が風に飛ばされて空中に舞ってしまいます。笑っちゃいました。

 

二人はその光景を見て逃げ出そうとしますが、警察に見つかってしまいます。女は逃げてといいますが、ジョニーは「無駄さ」といってあきらめます。シンプルすぎるラストは久しぶりでした。とはいえかっこよかったです。

 

 

 

 

今回はこんなところでしょうか。

また、次の映画でお会いしましょう!!

 

 

 

 

セブンサイコパス あらすじ&レビュー

見なさんこんにちは!ゴールデンウィークということもあり毎日昼過ぎに起きては、あぁまたやってしまったと自己嫌悪を抱きながらもそれを毎日繰り返しております(笑)

 

早起きってごくまれにするんですけどなんか一日が長く感じられてしかも充実感がすごいんですよね。だからこれを習慣にしたい気持ちはやまやまなんですが毎回自分に甘えて二度寝、三度寝としてしまいます。

明日からは絶対、、、、

 

 

 

というわけで今回レビューするのは、マーティン・マクドナー監督、コリン・ファレル主演の、「セブン・サイコパス」です。マーティン・マクドナー監督はヒットマンズレクイエムは見た覚えがあったのですがよく覚えてませんでした。(笑)

 

しかし、この映画当たりでした。

 

f:id:takizawamovie:20210504131945j:plain



 

 

 

 

どんな映画?

 

 

 

脚本家のマーティーは、「セブンサイコパス」というタイトルだけが決まっている新作映画の執筆が全く進まずに悩んでいた。そんなとき友人のビリーが彼を助けようと新聞に「サイコパス募集」という記事を勝手に掲載してします。そこからたくさんのサイコパスがマーティーの周りに現れはじめ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイコーに面白い

 

合計で七人のサイコパスが登場するのですが、サイコパス度合もさることながら、あ、そいつだったのね?という驚きの連続でした。犬大好きサイコパスとか、夫婦サイコパスとか、殺した後にトランプを目印としておいていくサイコパスとか、娘の復讐をするサイコパスとか、ベトナムサイコパスとか!たくさんの個性豊かなサイコパス達が出てきます。とは言ってもサイコパス具合はソフトな感じ。それでいて話が進むにつれてそのサイコパス達の話が繋がっていきます。

 

個人的押しサイコパスはビリーです。(笑)多分この中では一番ヤバいサイコパスですが、殺人事件を起こしたのも親友のマーティーの作品のを助けるためです。誘拐した犬が最初はお手をしてくれないのですが最後にはしてくれるという感動?のシーンも好きでした。いやいい映画のラストかい、とは突っ込みたくなりますが。俺流のラストを飾るっていうしゃれたセリフもダサくて好きです。

 

 

ラストもいいですね。サイコパス夫婦の夫に映画の最後にはわたしの電話番号を載せて妻が連絡できるようにしてくれと頼まれ、命にかけてもすると約束したマーティーでしたがしっかり忘れていてサイコパス夫婦の夫から電話がかかってきます。「命に代えてもって言ったよな?火曜日に殺しに行くわ」と、(笑)。でもすごい経験をしすぎたのかマーティーは超冷静でした。しっかりオチもあるという。

 

 

 

 

 

 

 

今回はこんな感じでした。ゴールデンウィークは早起きして、たくさん映画を見る。

その分ブログを書くのが大変になりますが、、(笑)

 

 

それでは、また次の映画でお会いしましょう!!!

 

地獄の黙示録 あらすじ&レビュー

皆さんこんにちは!

ゴールデンウィークに入って一本目の映画レビューです。皆さんはいかかがお過ごしでしょうか。私は特に予定もなく、ましてやコロナの影響もあるのでほとんどはお家で過ごすことになりそうです。予定があるとすれば、ジェントルマンを見に行くか友人たちと乃木坂のオンラインライブを一緒に見るくらいですかね(笑)

 

 

そんなゴールデンウィークの一発目にえらんだ映画は前から気になっていた「地獄の黙示録」です。なんか難しそうで避けてましたがやっと見る気になりました。

 

 

 

f:id:takizawamovie:20210503163714j:plain

 

 

 

 

 

 

どんな映画?

 

 

ベトナム戦争の真っただ中、アメリカ陸軍のウィラード大尉は、カンボジアの奥地で軍規を無視して自らの帝国を築くカーツ大佐を暗殺するという特殊任務を命じられる。部下たちともに川をさかのぼり目的地目指すが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直まだ早かった、、

 

正直な感想を言いますと、結局何を伝えたかったのか何を言いたかったのかが分かりませんでした。戦争によっておかしくなっていく狂気さは感じられましたが。

ウィーラー大尉はカーツ大佐のことを知っていくにつれてこの人は悪い人ではないんじゃないか、暗殺もしているが戦争中なんだから皆同じことをしている。レース場でスピード違反を取り締まるか?と。でも結局はカーツ大佐を暗殺してしまう。

 

前半はけっこうひきこまれました。戦争のリアルな感じとか、サーフィン命の軍とか(笑)けど後半になってカーツ大佐のいる村?にたどりついてからはわけがわからなくて失速。でもこれはたぶん私自身の問題だと思う。これだけ評価されている作品ということはたぶん私の感じていない何かを感じている人がほかにたくさんいるということなのでしょう。

 

 

また、もう少し年を取って感性が磨かれたらもう一回見たい作品ですね。私は感性が優れているほうではないのでこの作品の良さは、まだわかりませんでした。また大人になる楽しみが増えたということにしましょう(笑)

 

 

では。また次の映画でお会いしましょう!!

ドッグ・イート・ドッグ  あらすじ レビュー

皆さんこんばんは!

久々にやりたくなる評価の低い映画を見る会がやってまいりました、勝手にやっているだけですが(笑)

 

見たい映画とか結構フィルムマークスを使って探したりすることが多いのですが、やっぱり評価とかが目に見えるのできにしちゃうんですよね。でも映画ってホントにあうあわないが大きいから損してるなぁと。そう思ってたまには評価が低くても自分が面白そうだと思った映画を見るようにしています。

 

そんななか今回選んだのは評価星三つの「ドッグ・イート・ドッグ」です。

結論から言いますと、好みの映画でした。

f:id:takizawamovie:20210428211148j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな映画?

長年の刑務所生活を終えて出所したトロイ(ニコラス・ケイジ)は刑務所仲間だったマッド・ドッグ(ウィレム・デフォー)とディーゼルと再会。人生をやり直すために莫大な金がかかった仕事を引き受ける。それは借金を返済しない地元ギャングの赤ん坊を誘拐するという仕事だったが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

タランティーノ

映画のパケにもあるようにタランティーノ感がちょっとありましたね。バイオレンスな感じとかジョークの感じとか。なんかお笑いの感覚が合わない映画ってありますよね、けどこの映画のジョークは下んなくて低レベルで好きでした(笑)

 

冒頭からノリノリな音楽とともにイカれたマッド・ドッグが表れ妻と娘を殺してしまいます、、、。もうこの時点でこいつはヤバいやつだと思いましたがのちに出てくる二人もなかなかクレイジーで中毒性があるんです。仲はいいけど、けんかもするし、三人のあほ丸出しなジョークの掛け合いが好きでした。

 

後なんかわかんないけど印象に残っているのが、「ムショにはフェイスブックはなかったが友達はできたぜ」っていうセリフが風刺的で印象に残っています。

 

テイラースイフトって誰やねんとかも笑えました。あと赤ちゃんをさらったときに、赤ちゃんを黙らせるあの口に食わさせるやつはどこだ、って聞いたときにチ〇コか?って聞いた時には悔しながら爆笑してしまいました。自分の笑いどころの幼さに反省しつつも自分はこれが好きなので(笑)

 

 

 

で何といっても無駄がないんですすよね。ほんとポンポン話は進んでいきます。ジョークも交えながらなので面白かったです、終盤までは。

 

 

 

 

ドッグ・イート・ドッグとは、同業者同士の潰しあいという意味だそうです。その名の通り仲間内でディーゼルがマッドを殺してしまう。そして二人はスーパーによりますが警官にばれてしまい、ディーゼルは女性警官を射撃し、トロイを置いて逃げてしまうが、その後車が衝突して死亡。捕まった、トロイは悪徳警官に警官を打ったとして暴行されてしまう。(事実は違う、打ったのはディーゼル)それぞれが悲惨な結末を迎えてしまう。

 

 

 

 

そして謎なのがラスト。悪徳警官から逃げ出したのか(おそらく隠し持っていた銃で殺したか。そしておそらくこの銃でディーゼルも殺そうとしてた?)、トロイは夫婦を人質にとって逃げるも警察に捕まり打たれてしまう。その時警察はトロイだけではなく人質としてトロイにとらえられていた夫婦まで殺してしまう。

どういう意図なのだろうか。トロイは俺は正義を求めてたという、でもそれは得られなかった。ただの自己満に過ぎなかった的なことを言っていた。

 

ちょっと考察サイト見てきたいと思います(笑)

 

 

 

興行収入2,430ドルってみて少なすぎだろって思っちゃったんですけど少ないですよね??

 

 

 

まぁ評価が低いのも納得できる部分はありましたが、普通におもしろかったですよ!!

なのでぜひ皆さんも見てみてください!!