もうthe大学生

現役大学生、映画、音楽、ラジオなどが趣味。TOEIC830点取得、現在も継続して勉強中。

ワンスアポンアタイムインウエスト  レビュー

皆さんおはようございます。

 

今日は珍しく午前中に映画レビューを書いています。昨日見た映画なのですが眠くて寝ちゃいました、、、。いつもこのパターンだとブログは書かないことが多いのですが、見たら書く これを成し遂げるため午前中から頑張って書いております。二日目のカレーがうまい、なんて言いますよね?もしかしたら映画のレビューもみた直後と、少し開けてからでは考えもよくなってくるかも?というなんの根拠もない謎の理論を信じつつ、レビューしてきたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210428103945j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな映画?

 

時は西部開拓期。元高級娼婦のジルは、何者かに家族を殺され広大な土地の相続人となった。その土地の権利をめぐり、殺しやフランク、強盗団のボスシャイアン、謎のガンマンらの争いに巻き込まれていく。

 

 

 

 

 

 

 

雰囲気抜群のウエスタン映画

 

いやーかっこよかった。特にチャールズ・ブロンソン演じる謎のガンマンがかっこいいですね。ハーモニカを吹きながら現れるのですが、その謎にみちた感じが何とも言えぬ哀愁が漂っています。謎の男なんですが、本当に終盤まで謎のままで私自身が理解できていないのかとおもってしまいましたが、最後にそのハーモニカの理由とかもろもろが明かされますのでもしこれから見る方がいましたら、ご心配なく。

 

それとこの時代だからこその良さもありますよね。まず、効果音とか派手な打ち合いとかは全然ないのですが、その分表情の抜きだったり、しわとか、汗とかで感情を表す。肌質とかもなんていうか脂ぎってて、黒くて、全然きれいじゃないのにかっこいい。男って感じがするんですよね。ちょっと眠くなる感じは否めませんが(笑)

 

まぁ多少殴る音とかCGとかがチープな感じがあって笑っちゃうところもありましたが、そんなの感じさせないくらい緊張感があるし、土地を狙う三つのグループの掛け合いとか、そこで芽生える友情とか、良い映画に必要な要素が詰まっていました。

 

あまり西部劇系の映画を見ることは少ないのですが、ちょっと興味が出てきました。そんないいきっかけをくれた映画でした。

 

 

それではまた次の映画でお会いしましょう!!

 

 

 

 

閉ざされた森 あらすじ&レビュー

皆さんこんにちは!

今回は、「閉ざされた森」についてレビューしていきたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210427123349j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/372743306645381942/

 

 

 

 

 

どんな映画?

パナマのジャングルで、演習中の米軍レンジャー部隊七名が消息を絶った。三名の生存が確認されるが、そのうちの一人が救出部隊の目の前で何者かに殺されてします。事件の協力者として尋問の名人とされる元軍人のハーディが、生存者たちから事情聴取を始めるが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどんどんどんどん伝返し

 

まず、パルプフィクションの二人ってだけで激熱なんですよね。

 

今まで見たどんでん返し系の映画で一番どんでん返しが多かった気がします。後半にかけてのどんでん返しが止まりませんでした。あー、そういうことか騙された!と思ってると次から次へとどんでん返しが起こります。ただし、めっちゃこんがらがります。人の顔と名前を覚えるのが大変で、その上誰が誰だか整理しているうちにどん伝返しの種明かしが押し寄せてくるので頭が大混乱。見る前に、しっかり人の名前と顔を一致させたほうが楽しめると思います。これがまたこの映画の面白いとこで先入観で人の名前と顔を一致させると逆に騙されるんですよね(笑)それとまた更に難しいところが洋画っていうところですよね。伏線となるキーワードの言葉が出てきたりするんですけどそれが何故英語だからわかりずらい。日本語ならまだ耳に残ったりするかもしれませんが、、。私自身TOEICの勉強もたまにしているので本気で将来の夢は、字幕なし、英語音声で洋画を見ることです。先が遠すぎて失神しそうですが(笑)

 

 

私自身は負けた気がするのであらかじめ名前と顔を一致させるようなことはしませんが(かっこつけ)、、。

 

 

こういう系の映画にはつきものですが、見た後納得できないところとかも出てくるんですよね。そいで。終わったら考察サイトを見まくると。それも楽しみ方の一つですよね!

本来こういう映画はどんでん返しの内容を素直に受け入れて、細かいとこは気にせずにあーそういうことねと騙された!で終えるほうがいいことに気づきました。でも、細かいことが気になって1~2時間考察のスレとか見ちゃいます。それも新たな発見や違う人たちの価値観や視点が垣間見れて面白いんですけどね。

 

 

 

 

 

 

いかかだったでしょうか。なんか久しぶりにというか内容をしったうえでもう一回テネット見たくなって来ました。今のところ宣言してから見た映画全部レビュー達成できています。絶対にこのルーティーンを崩さないように頑張りたいと思います。

 

 

それではまた次の映画でお会いしましょう!

台風クラブ あらすじ&レビュー

皆さんこんにちは!

今回は久しぶりに見た邦画のレビューをしていきたいと思います。

 

f:id:takizawamovie:20210426182253j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/582582901780887346/

 

 

 

 

 

どんな映画?

大型台風が接近する信州の田舎町。台風が近づくにつれて中学生たちが暴走していく話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか懐かしい感じ

台風ってなんかテンション上がりましたよね、わかります。そして休校になんかなったらそりゃもう大騒ぎ。超うれしかったです。なんといってもめんどくさい部活がなくなるのでテンションが上がってました(笑)普通の雨で部活がなくなるのもうれしいですが中練習になる可能性があるので100%は喜べません。

 

 

 

そんななじみがあるような内容でした。思春期の頃の男女の関係だったり、先生に対する不満、酒・たばこへのあこがれ。

 

 

そんなか彼らは、台風が近づくにつれて家出をしたり、誰もいない学校で騒いだり、やりたい放題。もう今じゃできないもんなぁ。年齢が上がるにつれて馬鹿なことはできなくなるし、制限も増える。今思えばもっとやらかしておけばよかったなぁと後悔(笑)

だからなんか今でも少年の心を忘れてないような大人を見るととても興味が沸くし、あこがれます。いますよねまれにそういう人が。

 

 

そんな中でも印象に残っているシーンは、最後の方の三上のシーンですよね。三上はこういいました、「死は生に先行する。厳粛に生きるための死が与えられていない。」そう言って三上は飛び降り、自殺?します。厳密には体半分が地面に埋まっていて、いや、犬神家の一族かい!と突っ込みたくなるような感じでしたが、足がピクピク動いていたので死んではない。というよりかは、死にきれなかったと解釈するのが正しいのか。三上の言葉は、難しくてよくわかりません。(笑)しかし、気持ちはわかります。あの年くらいの時ってとても繊細な心を持ってるし、何もかもいやになって死にたいとは思うこともあるけど、実際にはそんなの怖くて死ねない。そんな気持ちを死にきれなかった三上のシーンが表しているのか。実際の脚本が死んでいる。という設定だったら適当なこと言ってごめんなさい(笑)

 

 

 

 

そんな青春時代の懐かしいん漢字が感じられる映画でした。音楽も昭和っぽくていい感じでしたね。

 

 

 

 

では、また次の映画でお会いしましょう!!!

レジェンド 狂気の美学

皆さん、お久しぶりです。相変わらず映画は見ていたのですが、なかなかブログを書く気になれなくて、、、(笑)

 

最近見たのは、ワンスアポンアタイムアメリカ、ブレードランナーブレードランナー2049、ブラック・クランズマン、そしてやっとレビューする気になった、今回の「レジェンド 狂気の美学」です。

 

理想は、練習のためにも映画を一本見たら1記事書くことなので達成できるように頑張りたいと思います。

f:id:takizawamovie:20210425194643j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/18225573478696285/

 

 

 

 

どんな映画??

 

1960年代初頭のロンドン。頭脳派のレジーと命知らずのロンによる双子のギャング、クレイ兄弟が裏社会を支配していた。レジーは部下の妹フランシスに恋に落ち、彼女のために足を洗いクラブとカジノの経営に専念しようとし始めるが、兄弟間での溝が生じて、、、

 

 

期待値よりは↷

最初始まったときは、音楽と映像がかっこよくて好みの感じでしたが内容はそうでもなかったかなぁという感じです。

 

狂気の美学とは言っていますが、そんなに狂気さは感じられませんでした。実際のマフィアがもとになっているらしいのですが、よくも悪くも現実味があるというかなんというか派手さにはかけてるかなぁという感じです。

 

兄と弟の両方をトム・ハーディーが演じてるのですがそこはとてもすごかったです。正反対の二人なのに演じ分けていてさすがだなぁと思いました。

 

そしてこれは個人的にテンション上がったポイントなのですが、始まってすぐアーサーじゃん!(笑)となりました。アーサーとはドラマ ピーキーブラインダーで主人公の兄の役名です。そのアーサーを演じているのがレジーの手下をこの映画で演じていたポール・アンダーソンなんです。さらには超重要な役であるソロモンをトム・ハーディが演じているので、ピーキ・ブランダーズやないかいと興奮してしまいました。

 

 

内容に関しては、自分が兄弟がいたらもっと感情移入できたかな、とは思いました。兄弟ならではの嫉妬とか、競争とか、そこらへんはたっぷり映画内で描かれていました。それにしてもロンがもうめんどくさいったらありゃしない(笑)けどなんか憎めなくていいとこもあって、、。それを一番知っているのもリジーなので何回も許してあげます。そこがなんかむずむずしました、いやもう見捨てろや!とも思いました。そのせいもあってフランシスともいかないし、フランシスが一番かわいそう説、。

 

 

 

といった感じでまぁまぁ。二回目はないですかね。

 

 

 

 

今回はこんなところで。

 

また、次の映画でお会いしましょう!!

 

 

 

 

 

 

傑作 愛のむきだし

皆さんこんにちは。最近は新しい映画がみる気になれなくて、過去に見た傑作たちを見ようと思い園子温監督の「愛のむきだし」を視聴しました。

 

二回目でしたが度肝を抜かれました。

f:id:takizawamovie:20210419202448j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/325103666822633907/

 

 

どんな映画!!??

幼いころに母を亡くし、神父の父テツ(渡部篤郎)と二人暮らしのユウ(西島隆弘 AAA)。理想の女性”マリア”に巡り合うことを夢見ながら平和な日々を送っていた。しかしテツが妖艶なサオリに出会い生活は一変していく。

 

 

 

 

とあらすじを簡単に述べましたがあらすじで表現できるような映画じゃないのよ。もしわたしがジャンル分けをするなら、

 

 

変態宗教ロマンティックラブストーリー

でしょうか(笑)そんなものがこの世に存在するのかと思う方もいるかもしれませんがこれが存在するんですよ。

 

 

 

 

 

 

あり得ないくらいのエネルギー

何といってもこの映画のすごいところはエネルギーです。なんと時間は237分。映画二本分です。だがそんなの関係ありません、この映画は時間を感じさせないくらいのエネルギーにあふれています。

 

なんだかんだ論理的にどこがこういう理由で面白いとか、この映画にはこういう背景があって~とか言いながら映画を評価するのはもちろん一つのやり方ではあるしもちろん私も結構そういうのかっこよくて好きだしやりますけれども、この映画は感覚的に好きな映画です。皆さんもありますよね、とやかく言う前にあ、この映画タイプだわって思うこと。最近はあまり感じることはありませんが、この映画に出会ったときはもう衝撃でしたね。

 

 

 

 

 

何がいいのか

感覚的な話は置いといて、なにが好きなのかといいますとB級映画感満載なところですよね。盗撮をかっこよくやるとか、パンチらとか、運命の人に出会うと勃起するとか、精器ハサミでぶった切るとか。もう最高にふざけてるんですよね。もちろん、いい意味で。

そのうえしっかりとストーリ性がある。ゼロ協会とかいういかにもインチキな宗教団体が出てくるのもいいですよね。家族ごと取り込んでしまって洗脳してしまう。そこに取り込まれてしまったヨーコ(満島ひかり)を助けに行くユウ。

 

 

これは実話に基づいているそうで元の話は、「盗撮のカリスマと崇められた男性が、ある新興宗教にハマった妹を力ずくで奪い返し、脱退させた」という話です。もうこれを聞いただけでもすでに面白いしかっこいい。そこに園子温監督の手が加わってこの傑作が生まれたというわけ。

 

ゼロ協会の手口とか怪しい宗教団体とかの話は少し前はニュースとかテレビ番組でも取り上げられていてタイムリーだったのかもしれませんね。

 

 

 

こんな終止ふざけた映画なのに最後とかはもう泣きそうになりました(笑)君に読む物語の最後を思い出しました。結局は”愛の力”が勝つということです。KANさんも言ってました。

 

なんだ蓋をあけてみれば最高に純粋なラブストーリージじゃん。

 

最後に一言言わせてもらうと、近くらい楽しめる映画こそが名作だと思いました。4時間がこんなにも短く感じるなんて。

 

 

名作なので見ている方も多いとは思いますが、まだの人はぜひみて一緒に語りたいです。

 

 

みなさんが衝撃を受けた映画はどの作品ですか?

 

 

 

今回はこの辺で。また次の映画でお会いしましょう!!

 

ラブ&モンスターズ  あらすじ&レビュー

皆さんお久しぶりです。

今回はネットフリックスオリジナル「ラブ&モンスターズ」についてレビューしていきたいと思います。

ひっさしぶりにモンスター系の映画を見ました!!

f:id:takizawamovie:20210419195907j:plain

https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.netflix.com%2Fjp%2Ftitle%2F81277430&psig=AOvVaw3b0jgIt81fXFicumh78WKx&ust=1618916119250000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLiHrteSivACFQAAAAAdAAAAABAI

 

 

 

 

 

 

どんな映画???

世界がモンスターに支配されてから七年。ジョエルは安全なところで暮らしていた。しかしある日今までの自分を変えるため、そして元恋人に再開するために危険な世界を旅することを決意する、というお話。

 

 

 

 

(以下、ネタバレあり)

 

 

 

軽く見れていい感じ!!

 

長さも二時間未満だし軽いノリで見れていい感じでした!モンスター系といっても子供から大人まで楽しめる感じのモンスター映画でした(ちょっとキモいけど)。旅の道中で出会う仲間や、AIロボット、そしてなっといても相棒の犬!!彼もジョエルと同じように飼い主を探している。。最後には喧嘩別れした犬が助けに来てくれるお約束の展開もあってGood。今思い返してみれば犬の飼い主みつけてねえなぁ、まぁ二人が最高のバディーになったってことで。

 

 

ニヤっとしちゃうオマージュあり!

犬と二人(一人と一匹)で荒れ果てた世界を旅するなんてまさにアイアムレジェンドですよね。(笑)あの映画はちっちゃいころWOWOWでみて結構ビビった思い出があります。たまーに金曜ロードショーでもやってますよね。

 

 

 

f:id:takizawamovie:20210419201439j:plain

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89/327925/

 

 

そして沼から出たらナメクジみたいなやつが体に張り付いてるシーン。いやスタンドバイミーやないかい。でもこういうの好きなんですよね。(笑)

 

 

 

もしかしてほかにもある感じか??もし見つけたら教えてくださいね、

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでしょうか。長さもちょうどよくてグロさもないしハッピーな感じでよかったです。

 

 

 

 

それではまた次の映画でお会いしましょう!!!

 

 

 

 

 

 

ザ・ファイブ・ブラッズ  あらすじ&レビュー

皆さんこんばんは!

今回はスパイク・リー監督、チャドウィック・ボーズマン主演のネットフリックスオリジナル映画「ザ・ファイブ・ブラッズ」についてレビューしていきたいと思います。

 

 

f:id:takizawamovie:20210413210600j:plain

https://natalie.mu/eiga/gallery/news/379577/1373505

 

 

 

どんな映画??

 

 

ベトナム戦争からほぼ半世紀。ともに戦った四人の退役軍人が、戦死した体長の亡骸と埋めた金塊を探し出すために戦地へと戻る物語です。

 

 

 

 

 

(以下、ネタバレもあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ盛りだくさん!!

 

時間も154分ということもあり盛りだくさんの内容でした。ジャンル分けするなら、アクション・アドベンチャー・コメディー・ドラマ ですかね(笑)

それくらい盛りだくさんでした。

 

また、特徴的だったのは物語が進んでいく中で過去の回想シーンが盛り込まれているところです。そのおかげで結構長い時間も飽きないで見ていられました。

 

次にアクション。結構アクションシーンがかっこよかったです。最後の銃撃戦は盛り上がりましたね!私は最後のお決まりの決闘シーンみたいなのがベタではありますが、だいすきなので(笑)

 

そしてコメディ。昔一緒に戦った仲間たちに一人の息子を加えた五人で旅をするのですが前半は笑えるシーンがありました。個人的に一番好きなシーンは、金塊を見つけたときにそれでハイタッチして金の音を鳴らして盛り上がるシーンが中学男子みたいで大好きです。あとランボーはクソ映画だ見たいなくだりも好きです。

 

さらに主軸となるのが黒人問題に関して。敵は白人であったのにそれに気づかづにベトナム人と戦っていたなど、上手くは言えませんが考えさせられるところがありました。

 

 

 

そして最後は戦死した退潮の意思をしっかりと残った仲間たちで慈善事業に使うっていうハッピーエンドでしたね。殺されてはしまいましたがポールも背負っていた十字架をおろす頃ができてめでたしでした。

 

 

 

今回は、面白かったです!ドはまりまではいきまでんがまぁまぁに楽しめました。

最近映画をぶっ通しで見るのがつらくなって来ました(笑)わかる人いませんか?????とちゅで携帯いじったりして集中力が途切れます。

そんなこともさせない最高の映画に出会うためにたくさん映画を探求したいと思います!

 

 

 

 

今回はこの辺で。

 

皆さん、また次の映画でお会いしましょう!!